大阪のビジネス

日本の中でもビジネスのノウハウや人材が集結している場所と言えば東京ですが、大阪も古くから日本経済をけん引する存在として、数々の有名企業が登場した産業の盛んなエリアです。なかでも大阪の特徴としてあげられるのが、中小企業の数の多さです。大阪府における工業生産の企業のうち、約65%は中小企業を占めており、「中小企業のまち」とも呼ばれているほどです。さらに、大阪府における中小企業の数は、全国で約8%を占めるとも言われており、そのなかでも製造業は全国的に見ても企業数が多くなっています。

こうしたビジネスの事情を掲げる大阪府。東京都は違った分野での発展が目立ち、製造分野などで起業を考えているのであれば、大阪府が信頼されやすいともいえるでしょう。とはいえ、やはり都会である大阪府は貸事務所の費用もかかるものです。大阪の主要部で見ると、坪単価は高いところだと1万円を超えるところも少なくありません。東京都内に比べれば安いものの、やはり実際にオフィスを構えるとなればコストもそれなりにかかってしまいます。こうした事情を踏まえ、関西で事業を始める際に、バーチャルオフィスを構えるのも1つでしょう。バーチャルオフィスであれば、費用を大幅に抑えて住所を立てることが可能です。