大阪のバーチャルオフィス

実際に大阪でバーチャルオフィスを利用した場合、どういったところを選べばいいのでしょうか?サービスを提供する企業を見ると、大阪駅や心斎橋駅、日本橋駅などから徒歩5分程度の場所に所在するバーチャルオフィスも多いです。実際にそこへ通うわけではないため、アクセスの利便性自体は大きく影響しませんが、駅の近くにオフィスを構えているということ自体が一つのステータスにもなります。また、バーチャルオフィスと言っても、実際に中で応接ができるようなスペースを確保しているオフィスもあるため、いざ来客があった場合にも安心でしょう。

TOPIC-ワンストップビジネスセンター心斎橋 | 大阪の格安バーチャルオフィス

費用は運営会社によっても異なりますが、安いところであれば月額利用料5,000円程度で利用可能なところもあります。住所貸しや電話の転送といった最低限のサービスだけで問題なければ、こうしたリーズナブルなプランに入り、コストを削減するのも1つでしょう。また、電話秘書代行やFAXの転送といったあらゆるサービスが付いたプランであっても、15,000円程度で借りられるケースもあります。別途で会議室を借りられるオフィスもあるので、会議が頻繁にある場合はこうしたところを選ぶと良いでしょう。

大阪で事業を立ち上げたいものの、できるだけ費用を抑えたいといった方は、バーチャルオフィスを活用してみてはいかがでしょうか。

大阪のビジネス

日本の中でもビジネスのノウハウや人材が集結している場所と言えば東京ですが、大阪も古くから日本経済をけん引する存在として、数々の有名企業が登場した産業の盛んなエリアです。なかでも大阪の特徴としてあげられるのが、中小企業の数の多さです。大阪府における工業生産の企業のうち、約65%は中小企業を占めており、「中小企業のまち」とも呼ばれているほどです。さらに、大阪府における中小企業の数は、全国で約8%を占めるとも言われており、そのなかでも製造業は全国的に見ても企業数が多くなっています。

こうしたビジネスの事情を掲げる大阪府。東京都は違った分野での発展が目立ち、製造分野などで起業を考えているのであれば、大阪府が信頼されやすいともいえるでしょう。とはいえ、やはり都会である大阪府は貸事務所の費用もかかるものです。大阪の主要部で見ると、坪単価は高いところだと1万円を超えるところも少なくありません。東京都内に比べれば安いものの、やはり実際にオフィスを構えるとなればコストもそれなりにかかってしまいます。こうした事情を踏まえ、関西で事業を始める際に、バーチャルオフィスを構えるのも1つでしょう。バーチャルオフィスであれば、費用を大幅に抑えて住所を立てることが可能です。

バーチャルオフィスの活用

会社を立ち上げた際に、貸事務所を借りるべきか迷う方もいるかもしれません。1人で立ち上げた事業であれば自宅を会社として利用するのもありですが、自分の住む住所を公開することに抵抗のある方は多いでしょう。そんなときに役立つのがバーチャルオフィスです。バーチャルオフィスを活用すれば、作業自体は自宅で行っていても、住所を別のところに立てられるので、プライベート空間が守られ、安心して働くことができます。郵便物や電話応対のサービスなども付いているので、そこに会社が存在しているかのように見立てることができるのです。

また、地方の事業の場合には、都心部に会社の住所を置くことで、取引先からの信頼感を高められるといったメリットもあります。会社にとって、一等地に住所を持っているというのは強みの1つとなります。とはいえ、やはりそうしたエリアで事務所を借りるのはコストもかかるもの。バーチャルオフィスであれば、貸事務所を利用するよりも安い料金で借りられるのが大きな魅力です。

バーチャルオフィスは東京都内にとくに多く集中していますが、その他、横浜や名古屋、福岡、そして大阪などにもあります。関西で事業を立ち上げたものの、地方なのでできれば大阪に住所を置きたいといった方は、大阪で利用できるバーチャルオフィスを探してみると良いでしょう。当サイトでは、そんな関西で事業所を立ち上げたい方に向けて、大阪のバーチャルオフィスについてご紹介します。